ココちゃんママのじっくりカウンセリング

本日、ココちゃん4回目のトレーニングです♪

 

今回も前回と同様、ココちゃんの要求や様々な行動に対してどれだけ反応せずに、無視していけるかが課題になりました☆

 

数回続けていってリードの意味やスイッチの状態というのは、ココ自身もお母さん自身も理解できている様子です☆

 

その成果がドンドンココちゃんの普段の行動から読み取れます♪

例えば、以前からもしくは、一時できたいたものが最近できなくなった事☆

もちろん、トレーニングをしてきてずっと良くなってきている事もありますが、良くない変化が多く目立ってきました☆

 

これは、縁が和んの会員様ならわかりますよね?特にトイプードルの飼い主さんには経験あるかと思います♪

 

そうです♪行動が読まれてきているかもしれないということです☆

あえてやってみるあえてしてみない等色々な行動で飼い主を試したり、トレーニングといえど今後の流れが読めてしまうと、勝手にワンちゃんが意識をコントロールして叱られることを防いだりします☆

防ぐことに成功したワンちゃんは、自分都合の気持ちが出しやすくなり、つい普段の生活で要求を出したくなります☆そして、その事に気付かない飼い主さんは、気付かないうちにワンちゃんの要求に応えてしまっていて、当然その行為により序列が上下にブレてしまう結果となってしまいます☆

 

とはいえ、『無視』って非常に難しいですよね?家族として飼っているのに無視って。。。確かにそうですね☆ではこんな考え方はいかがでしょうか?犬はしゃべることができない動物です。だから『しゃべらずに気持ちを伝える』と『犬からの全ての反応は受け流す』事を意識してやってみる☆

色々方法はあります♪アイコンタクト、触る、物を使う(リード)、動きなどなど。

 

ワンちゃんはなぜ?言葉がわからないのに散歩に出かけることがわかるのか?そして、目をキラキラさせて飼い主の目を見続けるのでしょうか?ぜひ自分のワンちゃんを見ながら考えてみてください♪

 

続々新作販売中!

株式会社LINK×link facebookページ
株式会社LINK×link facebookページ
『縁が和んPC版ホームページ』
『縁が和んPC版ホームページ』
『DOG SCHOOL NAVI』
『DOG SCHOOL NAVI』
SES 社会動物環境整備協会
SES 社会動物環境整備協会
SIPPO NET(しっぽネット)
SIPPO NET(しっぽネット)

『第一種動物取扱業登録』

〇種別:訓練 第40062号

 動物取扱責任者 本間 祥宏

〇種別:保管 第20365号

 動物取扱責任者 本間 祥宏