2020年5月17日(日)みんなに愛された バロンが天国へと旅立ちました。6歳11ヶ月


昨日、2020年5月17日(日)にバロンが亡くなりましたのでご報告させていただきます。バロンは6歳と11ヶ月で後数日で7歳を迎えようとしてました。

ご存じの方も多いと思いますが、バロンは胃拡張の治療を継続していました。はっきりとした原因もわからないまま、日々体調等に気をつけながら共に生活をしてきましたが約2ヶ月前に胃拡張を起こし緊急入院。この時はなんとか頑張って持ち堪えてくれましたが、今回の胃拡張による全身循環不全で亡くなりました。

皆様にはバロンと遊んでいただいたり、家族のように可愛がっていただけた事を心より御礼申し上げます。

6歳11ヶ月の短い一生ではありましたが、バロンが縁が和んの家族となった約6年間の出会いと思い出、皆さんとの写真や動画の量を見てもバロンは本当に幸せ者だったと思います。とにかく全てにおいて皆さんや皆さんのワンちゃん達との思い出が詰まっています。

皆さん無しではこんな大満足で幸せなバロンの人生は送れなかったでしょう。

これは胸を張って断言できます。

亡くなった悲しみは大きいですが、バロンを里親になったこと、バロンと一緒にしてきたことや関係性など何一つ後悔はしていません。

あんなバロンのことですから、一足先に天国でサッカーしながら私たちを待っていると思います♪

 

本日は、バロンの家族葬を行い縁が和んのほうに戻ってきました。

現在、コロナ関連により皆様に集まっていただくような形はとれませんが、感染予防しながら少人数での来店をできるようにさせていただきました。

今すぐはなかなか難しいとは思いますので、この状況が落ち着き次第ワンちゃんと一緒に縁が和んまで来ていただけたら幸いです。

 

バロンと一緒にお付き合いくださいました事、心より御礼申し上げます。 清水・本間



すーさんから会員の皆様とワンちゃん達へ

バロンが縁が和んに来たのは1歳3ヶ月のとき。里親として新しい家族を迎えるのが初めてで、来たばかりのころはどうやってバロンと接していけば良いのか毎日悩んでいました。

そんな時歩み寄ってくれたのはバロンからでした。

玄関での出迎え、大好きなサッカーボールを持ってきたり、一緒に寝たがったり。いつの間にか私の中で家族以上の存在になっていました。

時には本間さんに怒られ一緒にしょぼくれることも。私とバロンのおバカ扱いを受けるのは定番となり、お互い慰め合うこともしばしば。

 

まだ亡くなってしまった事を受け止めきれず、バロンの動画を見ることができません。

ただ、6年間を振り返ると他のワンちゃん達にはできない経験をたくさんたくさんできた幸せ者だと私も感じます。

会員さんのワンちゃん達とイベントやドッグランで遊んだり、会員さん達に可愛がってもらえたり、幸せな時間をバロンと一緒に過ごす事ができたのは嬉しかったです。

本当にありがとうございました。

少し気持ちが落ち着いたらイベントや縁旅などのDVDを見たいです。

 

バロンへ。

おうちの中でどこでもついてきたり、テンション上がり過ぎて言うこと聞かない困ったところも、誰でもすぐに懐くし、周りを明るくできる性格も全部大好きだよ。

天国で待っててね。またみんなで遊ぼうね。タケちゃんに会えたかな?  鈴木


Get Connected 


『第一種動物取扱業登録』

〇種別:訓練 第40062号 動物取扱責任者 鈴木 美耶

〇種別:保管 第20365号 動物取扱責任者 鈴木 美耶